指導員紹介と挨拶 Instoructor Profile and introduction

575233_303873603025528_698266299_n指導員プロフィール

仲尾 美惠子
(Ms. MIEKO NAKAO)

《主な資格》

・全日本空手道連盟(JKF):
公認5段/組手地区審判員

・全日本空手道連盟剛柔会
 (JKF GOJU-KAI):
公認5段/地区指導員/ 形・組手審判員

・東京都空手道連盟(TOKYO-TO  KF)
東京都公認形審判員/女性部会委員

・日本体育協会スポーツ指導員

《経歴》

・全日本空手道剛柔会 関東大会 シニア形優勝
・東京都シニアオープン大会 形準優勝
・国際大会・全国大会ボランティア通訳
・空手雑誌「JKFan」 コラム ”空手ママが行く” 2年間執筆

《空手以外の経歴》

・ラボパーティーのテューター
・学習塾の英語講師
・外国人専門不動産の営業
(宅地建物取引主任者)

《空手の出会いと思いについて》

幼稚園でいつも泣いてばかりの5歳の息子に
とにかく強くなって欲しいという思いで、
一緒に入門したのが私の空手道の始まりです。

一番最初に空手の演武を見たのは、旅行中のハワイ。
夏場行われる「Bon Dance」の会場で、
近くのお寺で空手道場を行っている団体がありました。
その後、練習風景を外から見ていると、外国人の大人から子供まで
目をキラキラさせて一生懸命稽古されている姿が感動的でした。

帰国後すぐに入門させようと行動に移したわけです。
「思い立ったらすぐに行動!」
前向きに生きようと努力すれば、
必ず結果も素晴らしい方向に向いていくのですね。

親子のコミュニケーションとして同じスポーツを始めるには、
今からでも決して遅くはないと思います。
一緒に汗を流す事ができるのは、本当に素晴らしい体験です!
空手は運動能力やセンスが重要なのではなく、
練習を続ける努力ができるかどうかが最も大切なのだと思います。

私と同じような悩みを抱えた親御さんが、お子様を何とかしたいと相談にいらっしゃいます。
入門当初は練習を嫌がり泣いていても、練習を継続するに従いどんどんと気持ちが強くなるのは不思議なくらいです。
様々な思いで私のところに見学や体験にいらっしゃり、「出会って良かった!」というお話を頂くと私も充実した思いで一杯になります。

但し、継続しなければその成果は得られません。まずは「石の上にも三年」です。
継続する努力を惜しまず、続けることで後から素晴らしいご褒美を得る事が出来るわけです。
それはやった者でなければ感じる事のできない世界です。

「限界を決めない、子供の力を信じて諦めない」

そんな親御さんの強い思いは、必ずお子様を強くするはずです。
将来を担うお子様達が成長した時に
「空手」に出会って良かった!と思って頂ければ幸いです。